東洋はり医学会にはすっごい先生がいっぱいいるんです😲-本部例会のご報告(2)

いつも名古屋から一緒に勉強会に行っている同期の先生。

マラソンの練習で右の股関節が痛くて歩き辛そうでした。

新幹線の中でも他の先生に簡単な治療をしてもらい、少し楽になったのですが、

やはりまだ痛いとのことで、お昼休みに、偉い先生に治療してもらうことに。

同期の仲間と先生が治療に入るまで、脈診、腹診して証を立てます。

僕は肺虚肝実かな〜、だけど腎も弱いな〜と思っていたのですが、、。

先生は証を言わずに治療に入っていきます。

見学していると、それを見ていた他の先生が、

今、下の方に気が流れた、とか、

胸の方の気がまだ滞ってる、とか

患者に触れずに、ただ手をかざしただけで治療の実況中継をしてくれました。

偉い先生の治療が終わると、痛みなく歩けるように!

治療後、証が七十五難だと教えてくれました。うーん、惜しい。

実況中継してくれた先生には、脈診のご指導もしていただきました。

東京の本部例会に行くと、すごい先生方がゴロゴロいるんです!

少しでも近づけるよう、日々研鑽ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です