がん患者に鍼灸治療ができること-7月の本部例会のご報告

今月も東京の勉強会に行ってきました😊

今回は外部からの講師を招いての講演があり、

東方会という東洋はり医学会とは別の流派で経絡治療を行っている、

津田 昌樹先生

をお招きして、

「がん患者への鍼灸」

というテーマでご講演していただきました。

がんの化学療法や放射線治療中の体調管理としての「緩和ケア」

末期で人生の最後の時をより穏やかに過ごせるようにする「ターミナルケア」

などなど、鍼灸、特に経絡治療には出来ることがたくさんある❗️

だけど、、、

医師や看護師など、医療スタッフはそんなこと全然知らないし、信用もしてくれない。

津田先生は全日本鍼灸学会の理事として、

経絡治療の治療結果を数値化し、

医療スタッフにも理解されるような、

経絡治療を

EBM(証拠に基づく医療)

にしようとされています。

怪しげなイメージがある鍼灸も、

外への発信で変えていくことの大切さを学べた講演でした。🌟🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です