12月定例会のご報告♪

今月も東京の勉強会に行って来ました。

今回の実技テーマは、基本刺鍼!!

経脈の流れに沿って、ツボを探り、押手を構え、鍼を入れて接触、刺入、抜鍼までの動きを、脉をみてもらいながら、行います。

めっちゃ基本だけど、物凄く大事なんです。

この基本が出来ているかどうかで、作れる脉の良し悪しが変わります。

つまり、症状の改善度合いかわ変わってくるんです。

僕が東洋はり医学会に入会しようと思ったのも、大ベテランの先生でも基礎基本を本当に大事にしていて、

いつまでたってもこの基本刺鍼の修練をしているのを見たからなんです。

鍼1本するのに、あーでもない、こーでもないと言ってるのは他の鍼灸師から見たら、

バカなんじゃないかと思われるかもしれなあけれど、

脈診流経絡治療で治療できる分野は格段に広がっています。

これからもっとレベル上げていきますよー😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です