東洋医学と心の働き~魂・仁・怒

木の性質

五行の木は、
発生の意味合いがあります。

 

五臓の木に属するのは、肝臓です。

経絡治療では、五臓と五行を合わせて肝木・心か・脾土・肺金・腎水という言い方をします。

 

色体表の五精・五常・五志で

肝木に属する、魂・仁・怒をみていきましょう。

 

 

肝に蔵される魂も

前に進もうとする気を起こします。

 

思考の方向としては、

外部の一方に向かって進感じです。

 

魂が充実していれば、

やる気に満ち、意欲的になります。

弱っていれば、くよくよしたりします。

 

ちなみに魂は陽性の精で、

死んだら天に帰るそうです。

 

五常の仁は、

他人に対しての思いやりを意味します。

 

魂が充実していれば、

思いやりの心が行動として現れます。

 

「○○してあげたい」という「気」が
実際に行動という「血」に変わるということですね。

 

五志の怒は、

肝に蔵される魂を気に変化させる

と私は考えています。

 

怒っている時は、

魂が気化されて、
経脈に肝木の外に向かう作用を持つ気が出るので、
攻撃的になります。

 

怒りにはネガティブなイメージもありますが、
適度な怒りの感情は、
気持ちや行動を前向きにさせてくれるので、

必要なものです。

 

しかし、怒りは陽性で、上昇性があるので、
どんどんエスカレートしていくことも多いため、
怒りが過剰になることもしばしば。

怒りが過ぎると、魂が消耗してしまい、
やる気が起こらなかったり、
肝臓が主(つかさど)る目や筋や爪に

症状が出てきたりします。

 

また怒りたくても怒りを外に発散できないときもあります。
そういったイライラは肝経に邪気としてたまり、
頭痛やめまい、中途覚醒などの症状として表れます。

日頃から怒りっぽくい人は、
酸味のあるものを食べると、

魂からの気化が抑えられるので、
肝臓に関連した症状を予防できるかもしれませんね。

 

逆に、怒りたくても怒れない人は、
辛味やアルコールで気を発散させるのがいいかも。

 

肝木タイプの人は

肝木体質の人は
思いやりと行動力があり、

物事を全身させるリーダー的な人です。
ただ周りの琴には目が向かないので
そそっかしく、おせっかいな面もあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です