痛くない鍼

鍼というと痛そうだな、と思われがちですが当院で行っている脉診流経絡治療では、鍼を深く刺すことはほとんど無く(ごくまれに1センチほど刺すこともあります)、痛みを感じることはまずありません。
なぜ深く刺さないのか?
それは西洋医学的な鍼や、中医学的な鍼が鍼を刺激の道具として使うのに対し、脉診流経絡治療では鍼を「気の調整」をするための道具として使うためです。
皮膚のごく浅い所を流れる「気」を調整するために鍼の材質や形状を患者様の身体に合わせて使い分けます。
鍼の先が尖っていない「刺さない」鍼も小児や敏感な患者様には使っています。

左から銀鍼、ステンレス鍼、シールタイプのごく短い鍼

鍼の先が尖っていないてい鍼(銅と亜鉛)、円鍼

熱くないお灸

お仕置きをすることを「お灸をすえる」などといいますが、これは熱さに耐えることが転じてこのような言い回しになったようですが、お灸は熱いから効くわけではありません。
お灸の効果はもぐさがゆっくり燃焼することによる遠赤外線が身体の深部に達することで効果を発揮します。
ですのでお灸の熱さを我慢する必要は全くありません。少しでも熱いと感じるようでしたら、すぐに外しますので火傷をするようなことはありません。ので安心してお灸を受けていただけます。

当院で使用しているお灸。右の黒い棒は煙の出ないお灸で肌に直接すえることなく、温かくとても気持ちが良いです。

お気軽にお問い合わせください。0565-79-26069:00-20:00(土曜祝日は18:00まで)午後は往診に出ていることが多いので、ご予約の方は留守録にお名前と電話番号を残していただければ、こちらからお電話させていただきます。