人類が二足歩行をするようになってから、腰痛は宿命となったのかもしれません。

 

 

殆どの人が急性あるいは慢性の腰痛を経験しています。

 

 

ギックリ腰に代表される急性腰痛は、

腰椎の構造的変化(腰椎ヘルニア、分離・無分離辷り症など)、筋・筋膜性腰痛などがあり、

 

慢性化した腰痛には、脊柱の変性を伴うものや、仙腸関節の固着などが原因とされています。

 

経絡治療では、腰痛は主に腎水経・肝木経の変動と捉えています。

 

 

腎経・肝経とその表裏関係にある膀胱経・胆経の気の不足や

邪気による滞りが腰痛症状の原因と考える訳です。

 

 

腎水経に変動が起きると、

足の冷え、むくみ、耳鳴り

 

肝木経に変動が起きると、

目の疲れ、頭痛、イライラする

 

などの症状を伴うこともあります。

 

 

また、五行の相生・相剋関係から、

肺金・脾土・心火にも経絡の歪みが起きて、

 

肺金では

肩こり・頻尿・呼吸器症状

 

脾土では

便秘や下痢・食欲不振・寝つきが悪い

 

心火では

身体のほてり・胸苦しさ

 

などの症状を現すことも。

 

変動経絡に対して、

手足のツボから、

不足する気を補い、

滞りの原因である邪気を取り除く。

 

 

陰陽五行のバランスを整え、

自然治癒力を高めることで、

腰痛症状の改善に導いていきます。

 

 

痛い局所のみの治療でも症状は軽減しますが、

 

またすぐに元に戻ってしまう事も多いです。

 

 

身体に優しい経絡治療で、根本治療してみませんか?