お知らせ

2019年12月17日(火)は
都合により、午前中のみの診療となります。
よろしくお願いいたします。

腰痛

豊田市の鍼灸院、いっぽ堂はり灸院、腰が痛い症状

豊田市の優しい鍼の鍼灸院、いっぽ堂はり灸院です。

 

ブログに訪問して頂きありがとうございます!!

 

慢性的な腰痛に悩まれている方のなんと多いことでしょう

 

テレビや雑誌等で腰痛解消法もたくさん見かけマス。

 

あれがいい、これがいいと
いろいろ試しては見る者の

 

なかなかスッキリしない。

 

 

それもそのはず

腰痛の原因んは人によって様々なのです。

  • 筋肉や靭帯の過緊張だったり
  • 胸腰椎、等の背骨の変形や椎間板の問題とか
  • 椎間関節や仙腸関節などの関節の固着
  • 腎臓、卵巣、子宮、などの内臓疾患に起因するもの
  • 痛いところには問題がないが、脳が痛みを記憶していたり

 

探せばまだまだありそうです。

正直なところ、
自分にあった腰痛解消法を見つけるのは
相当難しいのではないでしょうか。

 

 

整形外科や接骨院に通っているけど
なかなか痛みが改善されない

 

そんな方は、
深く刺さない、電気も流さない
当院の浅く優しい鍼の経絡治療で

 

心も身体もスッキリしませんか?

腰痛を陰陽・気血で見ると

椎間板ヘルニアや
腰椎すべり症、変形性腰痛症等

 

骨や関節などに器質的な問題があるものを
「血」の変化と捉えます。

「血」は陰的なので、
その変形を元に戻すことは
難しいです。

豊田市の鍼灸院、いっぽ堂はり灸院の陰陽太極図

しかし、
痛みという症状は
用的な「気」なので

経絡に過不足なく「気」が巡っていれば
痛みは改善されていきます。

 

これは
椎間板ヘルニアや
すべり症などの変形をもっている人でも

腰の痛みを感じない方
沢山いることからも理解できると思います。

 

つまり器質的な問題があったとしても
十分に痛みの改善はできるのです。

 

逆に、器質的な問題がないのに
慢性的な腰痛に悩まされている方は

ストレスによる心因的な腰痛

つまり、
陽的な「気」の腰痛ということとなります。

 

このタイプの腰痛は
筋肉や靭帯をねらって
深く刺して筋肉を緩めても

 

「気」は滞っているため

 

その場はなんだか効いた気がするけど
またすぐに元に戻ってしまう・。

「気」の調整をすることで
ゆっくりと痛みも緩和されていきます。

五行で見ると

豊田市の鍼灸院、いっぽ堂はり灸院、五行経絡治療では
腰の痛みを

主に腎経、肝経、の変動として捉えます。

 

腎は腰の府

府とは居場所の意味で、

東洋医学では
腎臓の問題が腰に出るといった
捉え方をします。

腎経に気が不足している腎虚の状態だと
腎経と表裏関係にある膀胱経に邪気が入りやすくなります。

膀胱経は
目の内側から頭頂部、項を通り
脊柱(背骨)と平行に
背中から腰、臀部、
大腿後側、下腿後側を通り
足の小指に終わる経絡です。

膀胱経に邪気が入り
「気」が通らなければ

不通即痛「通じざれば即ち痛む」

 

で膀胱系の経路に沿った痛みが出ます

 

坐骨神経痛も臀部から足にかけての痛む部位は
膀胱経の経路に一致しています。

腎には父母からの先天の精をを倉しており
加齢とともに徐々に腎精は衰えていき
腎虚の状態となりやすくなります。

 

腎経・膀胱系のその他の病症

  • 足が冷える
  • むくみ
  • 疲れやすい
  • 不妊

 

等が挙げられます

 

肝経の痛みは激痛

いわゆるぎっくり腰のような
激烈な痛みを肝経の腰痛では呈すことがあります

肝臓は筋をつかさどっているため
肝経に邪気が入り

 

邪気を身体から出そうと
経絡の防衛機構が働いた場合は

激烈な痛みであ、
邪気が入ったことを知らせてくれます

 

ただ、全身の気が不足して
邪気と戦う力がない時には

強い痛みではないけれども
ずきずきした痛みが長く続くことも。

 

また肝経に気が不足しているときには
肝経と表裏関係にある胆経に邪気が入る子とも。

胆経の変動では
寝返りなどの
腰をひねったときに
痛みが起きます。

肝経・胆経の変動では

  • 頭痛
  • 目の痛み・疲れ
  • イライラする
  • 生理痛
  • 決断力が鈍る
  • こむら返りなどの筋経連

 

などんが起こります

相生・相剋関係では

経絡治療では
五行説に基づき
相生、相剋っ関係にある経絡にも着目します

 

肺経

肺経は

腎経とは相生関係(母)であり
肝経とは相剋関係(金剋木)にあります

肺経の病症は

 

脾経

脾経は

脾経は腎経、肝経ともに相剋関係にあります。

脾経の病症は

  • 便秘や下痢などの消化器症状
  • 身体の重だるさ
  • 寝つきが悪い
  • 関節の痛み

心経は

心経は
肝経の相生関係の子であり
腎経とは相剋関係にあります。

心経の病症は

  • 発熱
  • 喉の渇き
  • 精神的不安

 

実際の治療は

身体所見や、他に出ている症状
脉診腹診などにより

治療の本体である
「証」を定め

手足のツボから

不足した経脈は補い(補法)
邪気は取り除き(瀉法)

 

全身の経絡のバランスを取っていきます
(本治法)

ムノ治療

腰下肢の症状に対し

腰痛を訴える患者様は

 

鼠経部仙腸関節の周囲に

虚実(皮膚に艶がない、深部の筋の緊張等)
が多く現れます。

これら骨盤周囲の
気の流れを整える目的で

この部分に鍼をすることを
「ムノ治療」と呼んでいます(東洋はり医学会用語)

ムノ治療は
本治法を補完し
治療期間を短くする効果があります。

これ以外にも
全身の虚実を
上下、左右でバランスを取っていきます。

治療後は
身体の傾きや、
ねじれ、
足の長さ

が改善され

身体の重心線が
中心に近づき

負担の少ない支正に近づけ

治る方向に向かうよう
お手伝いさせて頂きます。

 

 

ランキング
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
症状

お気軽にお問合せ下さい0565-79-2606

診療時間
9:00~12:00
13:00~18:00×××
18:00~20:00××
日曜定休
△は往診の都合で、診療可能な時間がある場合がございますので、お問合せ下さい。

豊田市で鍼灸なら、いっぽ堂はり灸院

コメント

タイトルとURLをコピーしました